秩父きのこ園とは?

秩父の自然に囲まれた場所にあり、田舎ならではののどかさを感じながら椎茸の栽培をしています。

栽培のこだわり

美味しい椎茸を作るには水が大切になってきます。椎茸の水分量は80%~90%あるからです。秩父きのこ園は、井戸から汲み上げた地下天然水を活用して、栽培をしていますので美味しい椎茸ができるのです。

殺虫剤、防カビ剤、雨水などは一切使用しておりません。害虫、カビが出た際は、すべて手作業にて除去しております。

近年、中国で作られた菌床を輸入して、国内で栽培したものを日本産しいたけとして販売されているものがありますが、秩父きのこ園では国産菌床で栽培しています。

そもそも菌床栽培とは…なに?

オカクズなどの小さな木材チップと米ぬか等の栄養をブロック状に種床を植えて栽培する方法です。この固めたブロック状のものを「菌床(きんしょう)」と呼んでいます。

菌床栽培と原木栽培の味の違いは?

味や肉質などの品質は、ほとんど変わりません。そのため、どちらが美味しいかは甲乙つけがたく・・・どちらも美味しいです。

唯一あげるとすれば、風味です。原木栽培の場合は、原木ならではの独特な風味が香り、この風味が好きな方と苦手な方に分かれるかと思います。逆に菌床栽培の場合は、クセがない風味で、子供から大人まで食べやすいです。特にお子様から「菌床栽培の方が食べやすい」と感じる方が多いです。

ですので、家族みんなで椎茸を楽しむには、菌床しいたけがおすすめです。

菌床しいたけを栽培する場所は?

菌床ハウスで完備されたシステムのもと、菌床の状態をよく観察して、温度、湿度、換気、散水、照明などの細かな設定をしっかりと管理していきます。

そして、半年間(10月~3月)しっかりと培養され、4月頃~9月頃まで、椎茸が発生しつづけます。

収穫した椎茸はどこへ?

スーパー・JA直売所・秩父市場・ネットショップ等で販売しております。

地元の飲食店様でも取り扱って頂いております。

また、同時期に菌床ハウスでのしいたけ狩りも行っております。

しいたけ狩り

無農薬の菌床しいたけ狩りをお楽しみいただけます。

ハウス栽培ですので、雨天でも営業しております。

営業日

・4月上旬頃から9月末まで毎日営業予定。

営業時間

・10:00~15:00(最終受付)

※椎茸が無くなり次第終了させて頂きます。

※予約不要。但し、10人以上の団体様は、事前にご連絡をお願い致します。

【料金】

・お採りになった量で金額が決まります。

・100gあたり250円(税込)となります。

・別途:入場料100円(時間制限はありません。)

【その他】

・ハウス内は、足下が濡れている時間帯もございますので、濡れても良い履物がおすすめです。

・暖かい時期は傷みが早いので、クーラーバックと保冷剤をご持参ください。(椎茸は冷蔵保存が基本となっています。)

・ペットの同伴はOKです。(但し、ハウス内には入れませんのでご了承ください。)

・大型バスでご来園される方は事前にご連絡をお願い致します。(駐車スペースを確保する為。)

スーパー・JA直売所・秩父市場

早朝に収穫した新鮮な椎茸を、毎朝、地元のスーパー・百貨店・JA直売所・秩父市場へ出荷しております。肉厚たっぷりの椎茸は、地元のお客様より大好評で、午前中で売り切れることも多く、午後にも出荷しております。

ネットショップ

専用サイトがあります。ネット注文をご希望の方は、下記URLまたはQRコードよりご注文を承ります。

【ネットショップ専用サイト】
https://chichibu-kinokoen.raku-uru.jp/

ネットショップQRコード

ご不明な点がございましたらお問い合わせ下さい。

【お問い合わせ】

 秩父きのこ園 080-8158-7639(担当:浅賀)